ビリー・アイリッシュのランチってどんな曲?デビューは何歳頃なのか

スポンサーリンク
※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
ビリー・アイリッシュのランチってどんな曲?デビューは何歳頃なのか エンタメ

今回紹介するのは、アメリカのシンガーソングライターであるビリー・アイリッシュの「LUNCH(ランチ)」です。

この曲は、彼女にとって3枚目のアルバム『Hit Me Hard and Soft(ヒット・ミー・ハード・アンド・ソフト)』の2曲目に収録されています。

LUNCH(ランチ)」とは昼食を意味しますが、彼女はこの曲で、好意を寄せる相手に対して「ランチ代わりに貴方を食べたい」と大胆に表現しています。

I could eat that girl for lunch

あの子をランチ代わりに食べてもいいよ

Yeah, she dances on my tongue

彼女は私の舌の上で踊ってる

Tastes like she might be the one

まるで運命の人のような味がする

スポンサーリンク

歌詞[日本語]

ビリーアイリッシュ

 

[Intro]
Oh, mm-mm

 

[Chorus]
I could eat that girl for lunch
あの子をランチ代わりに食べてもいいよ

Yeah, she dances on my tongue
彼女は私の舌の上で踊ってる

Tastes like she might be the one
まるで運命の人のような味がする

And I could never get enough
まだ物足りないの

I could buy her so much stuff
彼女に沢山のものを買ってあげて

It’s a craving, not a crush, huh
心の底から彼女を欲してる

“Call me when you’re there”
「そこに着いたら電話してよ」

Said, “I bought you somethin’ rare
「レアなものを買ってきたのよ

And I left it under ‘Claire'”
クレアの下に置いてきたわ」

So now, she’s comin’ up the stairs
彼女は階段を登ってきて

So I’m pullin’ up a chair
私は椅子を引いた

And I’m puttin’ up my hair
そして髪をまとめたの

 

[Verse 1]
Baby, I think you were made for me
貴方は私のために生まれてきた気がするの

Somebody write down the recipe
誰か、レシピを書いてちょうだい

Been tryin’ hard not to overeat
食べすぎないように注意してる

You’re just so sweet
貴方はとっても甘いんだもの

I’ll run a shower for you like you want
貴方が望むようにシャワーを浴びるわ

Clothеs on the counter for you, try ‘em on
カウンターに服が置いてるから、試着してみて

If I’m allowеd, I’ll help you take ‘em off
貴方がいいなら、脱がせるのを手伝ってあげる

Huh

 

[Chorus]

I could eat that girl for lunch
あの子をランチ代わりに食べてもいいよ

Yeah, she dances on my tongue
彼女は私の舌の上で踊ってる

Tastes like she might be the one
まるで運命の人のような味がする

And I could never get enough
まだ物足りないの

I could buy her so much stuff
彼女に沢山のものを買ってあげて

It’s a craving, not a crush, huh
心の底から彼女を欲してる

 

[Post-Chorus]
Oh, I just wanna get her off, oh
彼女を夢中にさせたいの

Oh

Oh, oh

Oh

 

[Verse 2]
She’s takin’ pictures in the mirror
あの子は鏡の方を向いて写真を撮ってる

Oh my God, her skin’s so clear
肌がとっても綺麗だね

Tell her, “Bring that over here”
「こっちにおいで」って言ったのよ

You need a seat? I’ll volunteer
椅子はいる?手伝うわ

Now she’s smilin’ ear to ear
彼女は満面の笑みを浮かべてる

She’s the headlights, I’m the deer
彼女はヘッドライトみたいで、眩しくて私は目が眩んだの

 

[Bridge]
I’ve said it all before, but I’ll say it again
前にも言ったけど、また言うね

I’m interested in more than just bein’ your friend
貴方と友達以上の関係になりたいの

I don’t wanna break it, just want it to bend
壊したいわけじゃない、曲がって欲しいだけ

Do you know how to bend?
体の曲げ方は知ってるかしら?

 

[Chorus]

I could eat that girl for lunch
あの子をランチ代わりに食べてもいいよ

She dances on my tongue
彼女は私の舌の上で踊ってる

I know it’s just a hunch
ただの予感でしかないけど

But she might be the one
彼女はまるで運命の人のよう

 

[Outro]
I could

Eat that girl for lunch
あの子をランチ代わりに食べてもいいよ

Yeah, she

Tastes like she might be the one
まるで運命の人のような味がする

I could
食べてもいいよ

I could
食べてもいいよ

Eat that girl for lunch
ランチ代わりに

Yeah, she

Yeah, she

Tastes like she might be the one
まるで運命の人のような味がするの 

ランチの曲動画はこちら

ビリー・アイリッシュは何歳でデビューなのか!?

ビリーアイリッシュ2

ビリー・アイリッシュは、14歳の時にデビューしました。

彼女は2015年に「Ocean Eyes」という楽曲をSoundCloudにアップロードし、それがきっかけで注目を集めました。

ビリー・アイリッシュプロフィール

ビリーアイリッシュ3

1. 本名
ビリー・アイリッシュ・パイレート・ベアード・オコネル(Billie Eilish Pirate Baird O’Connell)。

2. 生年月日
2001年12月18日

3. 出身地
アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス。

4. デビュー曲
Ocean Eyes」は、兄のフィニアス・オコネルが作詞・作曲・プロデュースした楽曲で、ビリーが最初に注目を浴びるきっかけとなりました。

5. アルバム
彼女のデビューアルバム「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」は2019年にリリースされ、批評家から高く評価されました。

6. 受賞歴
ビリー・アイリッシュはグラミー賞を複数回受賞しており、その中には2020年に主要4部門年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、新人賞)をすべて制覇したことが含まれます。

7. 影響力
彼女はその独自の音楽スタイルファッションセンスで若者を中心に大きな影響力を持っており、SNSでも非常に人気があります。

まとめ

ビリーアイリッシュ

今回紹介したビリー・アイリッシュの「LUNCH(ランチ)」は、3枚目のアルバム『Hit Me Hard and Soft』に収録された注目の楽曲です。

彼女は14歳で「Ocean Eyes」でデビューし、その独自の音楽スタイルと大胆な表現力で世界中のファンを魅了しています。

デビューアルバム『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』は批評家からも高く評価され、グラミー賞を多数受賞。

SNSでも大きな影響力を持つビリー・アイリッシュの新曲「LUNCH」をぜひチェックしてみてくださいね!

ランチの曲動画はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました